〖スマイスター〗不動産売却にて 売りたい街ランキング 2018(関東限定)

いや~不動産売却について調べれば調べるほど、知らないことが多い今日この頃です。今回もですが、スマイスターサイトから気になるランキング記事をご紹介させて頂きます。

今回は2018年の売りたい街ランキング!関東地方限定ではありますが、下記ご紹介いたします。

スマイスターの売りたい街ランキング(関東のみ)2018

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」(https://www.sumaistar.com)を運営する株式会社シースタイル(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、「スマイスター」の不動産売却に査定依頼のあった不動産の住所をもとに、関東地方の「売りたい街ランキング 2018」を集計しましたので、概要をご報告いたします。

「売りたい街トップ3は『平塚』『大泉学園』『宇都宮』」

日本最大級の不動産売却一括査定サイト「スマイスター」で査定依頼件数が多かった街(駅名)を集計しました。

1位は、湘南「平塚」。平塚駅はJR東海道線と湘南新宿ラインが通っているため、都心へのアクセスが良く、始発列車も多いので、少し待てば電車に座って通勤できます。また、25万人都市で市内に駅が1つしかないのは平塚市のみです。そのため、地域の売りたいニーズが平塚駅に集中したことが1位になった大きな要因と考えられます。

2位は、高級住宅地がある「大泉学園」。大正時代に学園都市として開発が行われ、今でも緑豊かな街並みが維持されています。高級住宅地が広がる大泉学園町から駅までは遠く、かつては“陸の孤島”とも呼ばれていました。「大江戸線の延伸」計画もあり、実現すれば新しい大泉学園駅ができるそうです。また、駅周辺は再開発され、西武池袋線沿線のため、新宿、渋谷、横浜にも乗り換えなしで行けるなど電車のアクセスも良いです。大泉学園は、大きな住宅地があるため、供給戸数が多い街であることがわかります。

3位は、餃子の街として有名な「宇都宮」。北関東で唯一のランクインです。市内中心部ではタワーマンションが建設され、2022年にはLRTも開業予定と開発が進んでいます。また、新幹線を利用すれば都心まで1時間ほどで移動できます。利便性が良く、政令指定都市を除く都市圏として日本最大ということからも、人口、供給戸数共に多い街と考えられます。

4位から10位は、「武蔵小山」「柏」「北綾瀬」「辻堂」「南砂町」「三鷹」「亀戸」の順になりました。

「住みたい街で人気の『恵比寿』は18位!」

11位から20位までを見ると、11位「茅ヶ崎」、12位「不動前」、13位「保谷」、14位「上板橋」、15位「蒲田」と「東浦和」、17位「新田」、18位「三軒茶屋」、20位「荻窪」となり、18位には住みたい街で不動の人気を誇る「恵比寿」もランクインしました。恵比寿駅は、JR山手線のほか、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線が利用可能なため、都内だけでなく多方面へのアクセスも良いです。先進性でおしゃれなイメージの強い街ですが、駅から少し離れると古くから住宅地も広がっており、ここ数年はマンション建設も進んでいます。

また、トップ20内には湘南エリアが「平塚」(1位)、「辻堂」(7位)、「茅ヶ崎」(11位)と3駅ランクインしていました。特に茅ヶ崎や辻堂はイメージが良く、ブランド力もあるため、憧れを持つ人も多く、人口も増加しています。

<調査概要>

■対象期間:2017年1月1日~2017年12月31日

■対象者:「スマイスター」の不動産売却ユーザー

■集計方法:「スマイスター」の不動産売却に査定依頼のあった不動産の住所(丁目を除く字該当住所まで)からYahoo!地図により最寄り駅を検索し、それぞれを集計

スマイスター 売りたい街ランキング 2018 <関東版>より 「スマイスター調べ」

売りたい街1位は平塚。意外と言っていいのか分かりませんが、結構今どこの街も再開発等で多くのマンションや商業施設が立ち並ぶようになったというのも影響しているのかな~とこのランキングを見て思いました。

私の住んでいる街は残念ながら、ランキングには入っていませんでした(^^;
(まぁあまり認知度もないので当然ではありますが、、、、)

このスマイスターが発表しているランキングをみて、今活気がある街というのが分かりますね。
少しでも参考になれば幸いです。