〖スマイスター〗スマイスターから学ぶ!仲介手数料のしくみとは?

日ごろ、スマイスターサイトを愛読してもらってますが、今回はその中で「仲介手数料のしくみ」について

一番初めの記事でもちょこっと書かせて頂きましたが、改めてご紹介いたします。

仲介手数料とは

まず仲介手数料の言葉の意味についてですが、不動産の売買や賃貸借を取引するにあたり、不動産会社に仲介してもらう場合、取引が成立すると発生する仲介手数料を支払わなければなりません。 仲介手数料には宅建業法で定められた算出法で上限が決められており、その範囲内で不動産会社が自由に決めることが可能になっております。

この仲介手数料についても、スマイスターにて詳しい記事がありましたので、ご紹介させて頂きます。

■売買の仲介手数料

○売却の仲介手数料の計算方法
売買の仲介手数料は、不動産を売る側と買う側両方が支払います。 仲介手数料の求め方は、「成約価格の3%+60,000円」という簡易計算方法が多く使われています。

この「+60,000円」という金額は、本来の計算方である「成約価格の200万円までの部分に5%・200万円以上400万円以下の部分に4%・400万円以上の部分に3%」というように金額に応じて税率が変わることから発生する金額になっています。

■仲介手数料は上限額内なら不動産会社が自由に決めることができる
仲介手数料は、媒介報酬として国土交通省の告示に定められていますが、定められているのは上限になります。つまり他不動産会社との競争の中でディスカウントしている不動産会社や、交渉により手数料を下げてもらえる可能性がないわけではありません。 しかし、取引金額自体の交渉をした方が結果的に得をする可能性が高いでしょう。

また、不動産会社は例えば不動産を売却する場合、買主を見つける為の「売却活動」「宣伝広告」、購入する際の「物件紹介」「契約手続き」「決済引き渡し」などの業務をスムーズに行うことで、手数料が報酬として支払われることになります。その業務範囲を考えると仲介手数料は決して高いものではないと考えられます。

■売買の仲介手数料を支払うタイミング
仲介手数料を支払うタイミングですが、売買契約を締結した際に手数料の50%相当額、決済引き渡しをした際に50%相当額を請求されるのが一般的であると言われています。

仲介手数料の手数料については、色んな意見がありますが、高いか妥当かは依頼者にしか分かりません。また不動産の売主は少しでも高く売りたい、買主は少しでも安く買いたい、と透明性や納得感を希望してくるでしょう。その上で、この要望に応えることができ、取引が安全に行えることができたなら、約3%の仲介手数料というのは妥当ではないのかなと、初心者ながらに感じました。
もっとこういうことは調べていき、より安心した不動産売却をおこないたいものです。