返済に困ったらリビンマッチの任意売却を

人生では何が起こるか分かりません。収入の減少、離婚、病気などの理由で住宅ローンや借金の返済が困難になる、ということは誰にでも起こりうることです。そのような場合、リビンマッチを利用し、任意売却について相談することで残債の軽減、あるいは債務の完済を期待できます。リビンマッチは全国250箇所以上の無料相談機関と提携しています。また、リビンマッチは個人情報保護のため、プライバシーマークも取得しています。リビンマッチを利用することで、素早く、安心して任意売却の手続きを進めることができるでしょう。

困ったならすぐ行動を!

リビンマッチの「任意売却」のコーナーを見ると、真っ先に「まだ間に合う!悩んでないで即行動」という文言が目に入ります。実際、悩んでいる間は何も物事が進みません。誰かに相談する、返済計画を見直す、といった行動を起こさなければ物事は進まないのです。

任意売却は「債権者」「債務者」「購入者」の利害関係を不動産会社が調整し、不動産を売却したお金を返済に充てる、という仕組みです。一般的な不動産売却に比べて難しい取引となりますから、担当できる不動産会社も多くはありません。ですが、リビンマッチは全国250箇所以上の任意売却の無料相談機関と提携しています。リビンマッチを利用することで、あなたの悩みが早く解決するかもしれません。

任意売却のメリット

リビンマッチの「任意売却」でも説明されていますが、任意売却のメリットを大まかにご紹介します。

競売より高値で売却できる可能性がある

不動産が競売にかけられる場合、相場よりかなり安い金額で落札されることがほとんどのため、債権者としても嬉しくありません。対する任意売却は、一般的な不動産売却と同様に不動産市場において取引がなされます。競売より高値が付くケースが多いため、債務者は残債を圧縮できますし、債権者としても嬉しい結果になります。

売却期間が短くなる可能性がある

競売は、手続きから入札開始までに一般的に半年から8ヶ月ほどの時間がかかります。任意売却は買い手さえ見つかれば手続きを行うだけのため、短期間で債務を圧縮できる可能性が高まります。

残債務の交渉もやりやすい

債権者の目的は債権を多く回収することです。任意売却では競売より多額の債権を回収できる可能性があるため、債権者の協力的な姿勢も得やすくなります。場合によっては任意売却を成立させるため、引っ越し代金を融通してもらえることさえあります。

周囲の人々に知られず売却できる

競売の場合、不動産が競売にかけられているという事実が公開されてしまいますので、あなたがお金に困っているのだと容易に知られてしまいます。ですが任意売却であれば不動産市場において取引がなされるため、あなたがお金に困っていることを誰かが推測することは難しくなります。ただし、購入を検討している方には任意売却による売り出し物件であることが知られてしまいます。

リビンマッチの活用で新生活を

駆け足でしたが、いざという時の任意売却について解説しました。お金に困ってしまうと、心身ともに身動きが取れなくなりがちです。リビンマッチは多くの無料相談機関と提携しており、個人情報の保護もしっかりしています。リビンマッチ本体も利用料や紹介料は取りませんので、住宅ローンや借金の返済に困ったときにはまず相談の問い合わせをしてみましょう。