〖Mr.リビンマッチが解説する〗高い査定額にご注意

 

「Mr.リビンマッチが解説する不動産売却入門」今回は、「高い査定額にご注意」です。

家を売ろうとしたときに、自分の家がいくらで売れるのかを把握するためには査定を行います。
その際に希望価格やそれ以上の価格で売るために、複数の不動産業者に見積もりを出してもらい、少しでも査定額の高い会社を選んで相談しようと考える方は多いかと思います。

リビンマッチ(旧スマイスター)サイトをはじめ、現在では情報入力すれば複数の業者から見積もりが得られる一括査定サイトもあります。
必要事項のみ入力したのちに結果を待つだけですので大変便利かと思われます。

しかし、不動産売却の査定の場合、査定額が最も高い会社を選べば良いというものではないのです。
査定額の多寡で何も考えずに不動産会社を選んでしまうと結果的に損をしてしまうということもあり得るのです。

なぜそんなことが起こってしまうのでしょうか?
今回は売却査定額のみで不動産会社を選んで失敗してしまわないようにするための知識やその理由をご紹介していきたいと思います。

売却査定額を知る

家を売ろうとして自分の家の売却査定額を知りたい際には、実際に査定を受ける会社を選定しなければなりません。
すでに会社が決まっている場合にはいきなり訪問査定をしてもらうという形になると思いますが、インターネットの簡易査定で複数の会社を
比較してから、訪問査定をお願いする会社を決めたいという方も多いと思います。

その場合リビンマッチ(旧スマイスター)のように無料で一括査定できるサイトは非常に便利です。
不動産売却においてリビンマッチ(旧スマイスター)サイトの最大のメリットとして「一度情報を入力してしまえば複数の会社から査定額を無料で得ることができる」という点は先ほど述べたとおりですが、売却査定額というのは不動産会社によってバラつくこともあります。

1社の査定額からだけではその額が妥当な金額かどうかを判断できない、というケースも多くあるのです。
しかし複数の会社を比較すれば、不当な査定であっても判断することができますので、売却査定を複数の会社からとることは必須だと言っていいかと思います。

複数の会社に査定をお願いしてまわるのは大変骨の折れることですが、リビンマッチ(旧スマイスター)サイトであれば簡単に相見積もりをとることが出来ます。

このように一括査定できるサイトというのは大変便利なのですが、しかしここで冒頭の査定額が高く出されるということが問題になるケースが起こってきます。

一見、高く評価されるということは良いこととも思えそうですが、決してそうではありませんので注意が必要です。
不動産会社にとって、査定の依頼が一括査定のサイトからきたということは分かっています。
ということはその査定依頼には多くの競合相手が存在し、顧客が多数の会社を比較検討しているということも分かっているということなのです。

ここで問題となるのは、実際には販売できないほどの高額な査定をエサとして出しておいて、とにかく媒介契約を取ることを目的とする会社です。

残念ながら、ライバル会社よりも明らかに高い金額を提示して媒介契約を取っておいて、売る段階になって査定額を大幅に下げて売却をする、という悪質な不動産会社も存在します。

こういったことがありますので、査定額が高いというだけで不動産会社を選ぶというのはお勧めできません。
やたらと高額な査定を出してくる会社には充分に注意し、その金額の根拠を確認することが重要になります。

とはいえ自分の家の査定額はなるべく高いに越したことがありませんので、やはりある程度の相場を分かっておく必要はあります。
自分の家の相場を知るためには、近隣にある物件の取引価格を調べることが有効です。
査定対象の物件の近隣において、どういった条件の家がどのような価格で取引されているのか、というのは不動産会社も必ず調査しています。

売却の価格を決める基準にもなりますので、調べておいて損はないと思います。
近くの不動産会社店舗に掲示された広告や、不動産会社のウェブサイトで公開されている情報をチェックしていくのもひとつの方法です。
また国土交通省のウェブサイトにある土地総合情報システムの「不動産取引価格情報検索」では、任意の地域と期間における実際の不動産販売価格が分かります。

信頼のおける情報から近隣地域の相場を把握して、売却査定の際の査定額が妥当なものかどうか、大まかにでも判断できるようにしておきましょう。

それと不動産会社が近隣物件の販売状況をきちんと把握しているかどうか確かめてみるということが大切です。
売却査定においてほとんどの場合、営業マンと電話や対面で相談する局面があると思います。

その時に、営業マンには近場の物件の販売状況を把握しているのかどうか尋ねてみましょう。
近隣物件の販売状況というのは前述のとおり、査定額を決める際の必須要素となります。

また近隣で売りに出されている物件というのは売却時の競合相手となり得ます。
競合の出している値段を知らないまま査定額を算出する会社というのはあまり信用できないと言っていいと思います。

また不動産会社が近隣での販売実績を持っているかどうかもポイントです。
不動産会社というのは大抵の場合、それぞれ得意分野を持っていることが多くあります。
それは特定の地域に強かったり、マンション販売に強かったり、賃貸に強かったりと様々ですが、逆を言うと不得意な分野も持っているということです。
当然自分が売りたい物件の分野を得意とする不動産会社を選びたいわけですので、近隣の物件の販売実績は尋ねておくようにしましょう。

そしてある程度の相場の感覚を持ったうえで、不動産会社から査定額を出されたときには必ずその根拠を尋ねることが重要です。
どれだけ高い査定額でもその根拠に納得のいく説明のない会社には依頼すべきではありません。

冒頭で申しあげたとおり、不動産売却の査定とは高ければいいというのではないのです。
というのも不動産の場合、査定額と実際の売却価格が異なることは多くのケースであります。
これが例えば自動車の査定であれば、査定額と売却価格は同じになります。

なぜかというと車を買い取るのが査定額を出した会社になるからです。
しかし不動産の場合、買い取るのは不動産会社でなく一般の方であることがほとんどです。
不動産会社の役割というのはあくまで「仲介」であるため、買主から値下げの交渉があった場合に値段を下げざるを得ないケースも珍しくありません。

こういった事情から、査定額を高くしておいて、それをエサに顧客と媒介契約を結び、後々値引きしていくことを前提とした悪質な不動産会社も存在します。
ですから高額な査定額を出されても安易に飛びつくのではなく、不動産会社からは必ず査定額の根拠について、納得のいく説明をしてもらいましょう。

その際の説明に情報収集で得た大体の相場と照らし合わせて、納得することができれば査定額の高い会社を選んでも問題ないと言えるでしょう。
しかし納得のいく説明がないときには契約を避けたほうが賢明かと思われます。

家を売るならできるだけ高く売りたいというのは、売却したい人にとっては当然の願望です。
しかしその気持ちに付け込んでくる、査定額のみ高額にしてくる不動産会社も存在するのも事実ですので、相場より明らかに高い査定額の提示に対しては、一度疑うことが大切です。

しかしそれは何らかの理由により価値が高く評価された、高くても適正な査定額であるという可能性もありますので、査定額の根拠を必ず尋ねてみることと、その説明の根拠が正しいかどうか、判断できる最低限の知識を得ておくことを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です